手軽に雑誌とか自炊できそうなスキャナを調べてみた。

自炊(電子書籍化)はしたいけど、先立つものが無い。そんな方以外と多いのではないでしょうか?かく言う私もその一人です。

sponsor link


本格的に新書等を自炊する場合、それなりの初期投資が必須なのは以前の記事でも紹介しました。でも、いきなり始めからその投資をするのはけっこうな勇気がいるのも事実です。実際、どこまでのクオリティで読めるのか、使えるのかが未知数だからかもしれません。

なので、私はまず、手始めに雑誌と新聞のスクラップを自炊して電子化しようと思ってます。理由は2つあって、一つは雑誌等は枚数が少なく、必要な部分だけ抽出すればかなり枚数も絞れます。もう一つは裁断機が無くてもなんとかなりそうという点です。ページ数が新書ほどでは無く、しかも、ホッチキス的なもので閉じられているものも多いため、バラしやすいと踏んだからです。

雑誌であれば捨てることに対しての心理的な抵抗も比較的低いのも始めやすいポイントですね。
 

調べてみた

で、価格コムとか価格コムとかを調べてると、結構いい感じのやつありました。
それはコレです。↓

3千円台で購入できるスキャナとしては最上級の逸品です。600dpiでスキャンできるんで自炊にぴったりです。レビューを確認しても概ねいい感じの評価です。価格の割にしっかりしているようです。
 

ハンディスキャナは?

ハンディスキャナもコンパクトで雑誌向きかなと思いましたが、スキャンする時の動作が結構難しいようで、ノイズが結構入るようです。
こんな感じのやつ↓

ケンコー・トキナー ハンディスキャン KS-H400 [A4サイズ対応] 086298
ケンコー・トキナー 
売り上げランキング: 2657

ハンディスキャナは本当にメモ程度で使う用途以外は、あまりイケテない感じです。
その点、先のScanBit S-45は自炊においては最低限のクオリティをキープしている印象です。両方とも大量の書類をスキャンする用途には向いていませんが、少量の必要な部分をピンポイントで自炊するにはアリな選択なのかなと思います。
 

フラットヘッド??

他に安価なスキャナでフラットヘッドの中古スキャナという選択枝もあります。ヤフオク等で1000円程度で使えそうなものが出品されています。
こんなタイプですね↓

いいんですが、コンパクトさに欠けるのと価格を比較するとやっぱり選択枝には入らないのかなという印象です。変に中古でハズレくじ引くのも嫌ですしね…。

もう少しいろいろ物色して買ってみたいと思います。

ではまた。

sponsor link