最近心に引っ掛かったフレーズまとめ

自分のメモ的な意味もこめて、最近引っ掛かった言葉、フレーズまとめます。


sponsor link

「人に喜んでもらうこと。それだけを考える」

ビジネスをうまくやるには常に「喜んでもらう」ことにフォーカスするのが
大事。いかに売るか、どうやって儲けるかにフォーカスし始めると
うまくいかなくなるということ。人に喜んでもらうことが自分の幸せになること、
そして金銭的な豊かさはあとからついてくる。らしい。

「ポジティブの押しつけは人を傷つける」

世間はポジティブな事をよしとする傾向があるけど、
そのポジティブな感情、行動を他人に押し付ける事は、
他人を傷つけるだけで、何も変わらない。
ポジティブな感情は本人の内側から生まれてくるもの。

「世界を変えたければ、まず自分を変えなさい」

周りを変える事は簡単なことではない。周り、世界を変えるにはまず、
自分を変えること。自分が変われば、周りもそれに影響され、変わっていく
ということ。文句を言う前に、まず自分から、ということなのかな。

脳は「入力」より「出力」で覚える

脳は、情報を何度も入れ込む(学習する)よりも、
その情報を何度も使ってみる(想起する)ことで、
長期間安定して情報を保存することができる。みたい。
とにかくインプットして、アウトプットし続けることで、
記憶がストックされるのか。

「否定されることは辛いことだ」

否定されることは辛いことだ。人の言葉による否定には反発できるが、
事実の結果による否定は反発もできない。辛いが、受け入れた時は進化が始まる。
しかし、結果も受け入れない人は淘汰されるのみ。
う〜ん。受け入れた時に進化するというのは分かるけど、難しい…。

「自己PRと自己ブランディングは違う」

自己ブランディングは他者からどう思われるか、ということ。
自分がどうだ、こうだと言ったところで、誰もそれを信用しない。
それは単なる自己PR。
どう思われたいのか?
その為に何を発信するのかを
考える必要がある。

「必要なことは必要なタイミングで起こる」

必要なことは、必要なタイミングで起こる。
といっても行動しないところには必要なタイミングは来ない。
だからこそ、一歩行動することが大事。

「絆を結ぶとは、傷付くかもしれないということ」

安全」「安心」という文字が躍る。絆を失ったからこそ、不安で仕方がない。
だから、表面上の「安心」「安全」を求める。
「絆(きずな)というと、温かさとかが強調されますが、
絆を結ぶとは、つまり、傷付くかもしれないということ。
自分自身も傷付くかもしれない。それでも、抱きしめてくれる。
そんな関係こそが、私たちを支えてくれる。」

「ニーズは作り出した方が面白い」

商品やサービスにも、ニーズがあるかどうかを考えるより、
ニーズを作り出したほうが面白いし、売れたときには一人勝ちできるチャンスもあるわけです。

「夢について」

夢のある者は目的がある
目的のある者は目標がある
目標のある者は計画がある
計画のある者は行動がある
行動のある者は実績がある
実績のある者は反省がある
反省のある者は進歩がある
進歩のある者は夢がある

「本質を常に考えること」

なぜその仕組や、システムが成り立つのかを考えます。そこに必ず人の感情があります。
どういう気持ちで、そのシステムやサービスを使おうとするのか
どういう気持ちで、そのシステムやサービスを人に伝えようとするのか
そのサービスで何を満たすことができるのか。
それを常に考えること。大事です。

「独占欲、奪い合いは人を破滅に向かわせる。」

独占欲、奪い合いは人を破滅に向かわせる。
それは歴史が証明している。
独占欲→「利己的」→我欲
これから目指すべきは、「利他的」に生きる事。
他人、世の中にどれだけ貢献できるか。
より良くできるか。その1点につきると思う。

「固執しない」

プライオリティは常に変わっている。
人生は解釈しだい。
事実は真実と異なる。

2012年は二度と来ない

2012年は二度と来ない。さぁ何をするか?
時に、人は当たり前の事が見えなくなる。2012年は二度と来ない。
しかし、毎年毎年、新しい1年は来るもんだから、
いくらでもあるものだと勘違いしてしまう。
ところが現実には、二度と来ない。1度きりだ。

もっとシェアしたいフレーズあるんやけど、
今回はこんなところで。
何かのきっかけになれば幸いです。

ほなまた。

sponsor link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です