目標を達成できない3つの理由

まいど。

年が明けてもうすぐ、1ヶ月が経とうとしています。
新年に今年の抱負、目標を立てた方は多いのではないでしょうか?
目標達成の進捗状況はいかがすか?順調ですか?
中々うまくいかない方も多いのではないかと思います。
そんな目標を達成できないのには理由があります。

sponsor link

その1:人は習慣の生き物

人は本能的に変化を嫌う動物です。今日と同じ明日を過ごしたい生き物です。
それは遺伝子レベルで埋め込まれた人間の習性です。
なので、新しい事、変化のある事に拒否反応を示すんです。

じゃあどうすればいいのかと言うと、
この習性を逆手にとるんです。

そう、小さい変化を習慣に取り込むんです。
初めは気合いで1週間新しいことを続けます。
そうして、それを日常に取り込んでいくんです。
大事なのはその変化を最小限にするという点です。

そして、習慣化させるんです。習慣化させないと気合いだけでは絶対に続きません。

その2:めんどくさがり

何かにつけて人は「めんどくさがり」な生き物です。
できることなら何もしたくない、楽したいという生き物です。
この「楽したい」という感情を押さえ込むには、
「作業興奮」というものを利用するのがいいです。

作業興奮というのは、一度やる事に取りかかって、集中してくると、
脳がそれに順応して、どんどんやりたくなる状態の事です。

始めの一歩は重たいですが、一度走り出すと意外とサクサクいったという経験ありませんか?
そういうことです。
「作業興奮」をうまく利用してみてください。

その3:目標設定があいまい

目標を設定したにも関わらず、実行に移せない大きな原因、それは、
「目標設定があいまい」ということが考えられます。
よくあるのは、○○の資格をとる。ダイエットをする。貯金をする。等の
あいまいな目標です。
何がゴールか良くわからないですし、その達成の為に何をすべきかよく分からないですよね?

じゃあどうするのかと言うと、
「目標を具体化」して、「目標を因数分解して小分け」にするのが効果的です。

目標の具体化は読んで字のごとく、目標をよりわかりやすく明確にすることです。
○○の資格をいついつまでに取得する、○キロ、いつまでにダイエットするとか、
明確化するんです。

明確化できれば、後はそれを因数分解して、それを達成するためにはこれと、これを、いついつまでに
しないといけないというのが分かってきます。
そして予定表に落とし込んでいく、そうすることで着実に目標達成の階段を昇る事が可能です。
大きい目標は1年を四半期の分けて設定するのが、分かりやすくていいです。

また、目標を達成した自分を常にイメージすることも、成功の要素の1つです。

最後に

そんなこんなで、ありきたりな事を書いてきましたが、
意外と日々、実践できていないのではないでしょうか。

どんな事を言っても、結局最後は
「行動だけが未来を変える」ということです。

未来を少しでもより良いものにしたいのであれば、
絶対に「行動」することが必要です。
自分に言い訳ばかりしていても何も変わりません。
周りのせい、環境のせいにしては何も変わりません。
今ある自分は今までの自分の行動の結果なんですから。

ほなまた。

sponsor link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です