私が車を手放した3つの理由、今の交通手段

車が大好きだった私ですが、2年ほど前に海外長期旅行を期に売却してしまいました。

sponsor link


まぁ、海外に長期間行くというのが大きなきっかけになったのは間違いないですが、
大好きな車を手放すのはやっぱり寂しいものです。
 

そんな想いを振り切ってまで売却した理由をまとめるとこんな感じです。

■ 車周りの税金類に嫌気がさした。

■ 改造好きで、終わりの無い改造ループに疲れた。

■ 車に縛られない自由な生活をしたかった。
 

車周りの税金類に嫌気がさした。

車周りの税金って本当に多岐に渡ります。ガソリン税、自動車税、重量税、等。税金以外では自動車ローン、車検費用、任意保険、駐車場、オイル交換等の消耗品、高速道路、免許更新、私の場合改造費用も…。

ほんとアホみたいにコストが嵩みます。当たり前ですが所有している限り、この支払いスパイラルから抜け出すことはできません。多大なメリット、利便性との引き換えと考えるとその価値はあるとは思いますが、私はそのスパイラルに疲れてしまい、未来を描けなくなり、降りた訳です。
 

改造好きで、終わりの無い改造ループに疲れた。

なんでもカスタマイズするのが好きな私ですが、車も例外ではありませんでした。より快適に、より速く、よりかっこよく、みたいなテーマで毎日のようにどこかしらいじってました。一ついじり始めると、他が気になって、またいじる。で、また他が気になって、またいじる。そんな改造スパイラルに陥ってました。

毎月10万ほどは使っていたでしょうか。今思うと本当になんて無意味なことをしていたんだろうと…思ったりもします。でも、それをしていたから、今そう言えるのかなとも思います。経験ですね(と自分に言聞かせてる)。

いじればいじるほどにバランスがおかしくなってきて、調子が悪くなっていってました。素人作業なので仕方ないです。やってもやっても、あまり改善されないことに、疲れてしまったんですね。やっぱ純正は偉大と思い知らされたものです。その辺から改造への意欲も落ちてきて、売却に拍車がかかったんです。
 

車に縛られない自由な生活をしたかった。

実はこれが最大の理由かもしれません。私は基本的にどんなものでも縛られるのが嫌いです。会社であったり、人間関係、月額制のサービス、携帯2年縛りとか嫌なんです。でも、車って自由になったと思い込ませてくれる代わりに、実は縛られるものも多いです。

一つは交通ルールに縛られます。違反切符等がそうです。外出先の駐車場探し。ガソリン残量、上記に上げた支払いスパイラル、交通渋滞、環境への負荷、etc…。自由を求めて車を手に入れたのに、なんか逆に息苦しくなってね?みたいな疑問が常に心の中にありました。

常に渋滞情報をチェックして、現地では頑張って駐車場探して、トイレに行くのも一苦労。疲れていてもひたすら運転しないといけない。ちょっと止まりたくても路上駐車も難しい最近。車を走らせる=環境への負荷を増やしている→罪悪感。渋滞→イライラ→喧嘩or事故のリスク。

私にとってそれはもはや、苦痛以外の何者でもなかったんですね。

で、手放した今の交通手段はどうしてるかと言いますと、
徒歩、電車、そしてこれです↓

そう、ロードレーサーです。日常の移動はこれで全てまかなっています。
片道30キロくらいは普通にいけます。いや、自転車の発明は偉大です。徒歩では絶対に行けなかった所へ連れていってくれます。環境への負荷も小さいですし、車と違い外部の環境を肌で感じることができます。そしてなにより健康的です。移動自体がエクササイズです。車だとそうはいきません。

ロードレーサーで行けないところは電車でカバーします。まぁ、片道30キロは余裕で行けるので、そんなに使いませんが…。大人数での移動の場合は、レンタカーを使う事もあります。

うまく使い分けてやれば、車を所有しなくても、生活できると思うんです。大家族とかでは難しいかもしれませんが、まぁ要はやり方だということです。

車に縛られない生活、いいですよ。
自由で、なにより気持ちがいいです。
やってみればできるもんです。

あなたもそんな生活どうですか?

sponsor link