【レビュー】ANKERのbluetoothワイヤレスキーボードは安っぽいけどipad air2には一番使える!

まいど、キーボードマニアの杉浦(@takasugiura)です。

image

以前からipad air2で快適に使えるキーボードを模索しているんですが、今まで打鍵感とか使用感が一番よかったのが、アップルのワイヤレスキーボードなんですよね。

でも残念ながらアップルのワイヤレスキーボードはiosのショートカットキーが付いてないんです。
特にipadと外部キーボードという運用をする場合、このショートカットキーの有無が作業効率を劇的に変わってくるんで重要なんですよね。特に「ホームボタン」キーが。

そこでホームボタンだけのガジェット無いかなとか探したんですが、そうやらそんなマニアックなものはなく、モヤモヤしてたんです。

sponsor link

そんな中、「だったらアップルのワイヤレスキーボードのパクリみたいなものでiosショートカットキーが付いてるのを試してみよう」と思い、このANKERのワイヤレスキーボードをチョイスした訳です。

結論から言いますと、意外と良い感じです。
ではレビューをば。

ANKER bluetooth wireless keyboard外観

開封したところ。
image

本体、説明書、保証書というシンプルな構成。電池は付属していないので別途用意が必要(単四)。

本家アップルキーボードとの比較。
image

キーピッチ、キーサイズ、レイアウトはおそらくほぼ一致しています。
本体の縦、横の長さが若干違います。

キーボードの角度比較。
image

ANKERのキーボードの方が若干角度はキツめです。

裏面。電池ボックス、電源スイッチ、コネクトボタンがあります。
image

ゴム足は4隅のみ。
中央部にもゴム足が欲しいところです。

ANKER bluetooth wireless keyboard 使用感

キーストロークは純正より若干浅い印象。

キータッチはやっぱり本家と比べるとチャチな感じです。慣れの範囲内かなとも思えるレベルですが。
感覚的にはMacBook airの11インチのキーと似ている感じ。

筐体が本家はアルミ、かたやANKERはプラスチック。
中央部のキーをタイプすると若干タワむ感じはあります。
気になる場合は、ゴム足を追加するのも手かもしれません。

キー自体が固めで押しにくいというレビューがアマゾンでありましたが、僕的にはそこまで堅いという感じはありません。適度なクリック感で悪くないと思います。

使い込んでいくうちに馴染んでくると思うので、そんなに気にすることもないかなという感じです。

このレビューもこのANKERのキーボードで書いていますが、やっぱりキーピッチ19mmは最高に快適です。
しかもホームボタンキーがあるので、アプリの移動がスムーズで気持ちいいです。
image

画面の輝度調整ショートカットも実用的。
この輝度調整ショートカットがついてるキーボードってあんまりないんですよね。ホント。

さいごに

現状、iosのショートカットキーが付いていてキーピッチ19mmのキーボードってもうこれしかないんじゃないかと。

もう、僕はほぼ「ホームボタン」キーのために購入したようなものです。

iPadでがっつり文書作成する方には間違いなく有用です、ANKERキーボード。
価格も非常にお手頃なのでオススメです。

色は、黒とシルバーがありますが、シルバーの方は塗装がチープらしいので黒がベターなチョイスかと。

ほなまた。



sponsor link