カテゴリー別アーカイブ: ブログ

私が実現したいのは「自分が楽に生きていける場所を創る」ことみたい。

どうやら私は、「自分が楽に生きていける場所をつくりたい」と根底では思ってるみたいです。

 

パーマカルチャーの仕組みをうまく活用して、自然を活用して食べ物を採集的に自給する。

エネルギーや日常使う道具もできるだけ自分で作ってみる。

自然の恵みの中で生きるということ。

お金のために自分の命を切り売りしない。

お金なんて少しでいいんですよ。現システムと繋がるためのチケットと考えればいいんです。

労働てなんですか?

続きを読む

サスティナビリティはサバイバビリティにつながる「生き抜く技術」は大事

サスティナビリティというのは持続可能な暮らし、生き方を指向するということ。

持続可能な暮らしというのは、各自の自給力を上げて自給的で自然と共生する暮らしをしましょうということです。

続きを読む

街で育った恵みはみんなでシェアすればいい。

街を歩いていると植え込みにこんな表示がありました。

20130301-191351.jpg

 

「花を採らないでね
 花を育てる会」

公園等のパブリックな空間でよく目にします。
おそらく、税金を投入して植え込んでいる花や木々だからこうなるんでしょうかね。

続きを読む

私がぬか床を作った理由

日々の生活、健康に密接に関係している「菌」。

 

良質な「菌」を自分で作って日々の食卓で食べたい。そんな思いから始めようと思ったぬか漬けプロジェクト。

昔の日本家庭には当たり前の様にあったぬか床も、今や手間が掛かる、スーパーで簡単にぬか漬けが買える等の理由で作られなくなっています。冷蔵庫の普及で食品を保存するのが簡単になったのも、理由の一つかもしれません。

そんな、最近あまり見なくなったぬか床ですが、実は結構簡単に作ることができて、しかも有用な菌をしっかり摂取できる食品庫なんです。

続きを読む

パーマカルチャーでもNPOでも、もっと稼いでいけばいいと思う

持続可能な世界の実現とか、パーマカルチャーを信じる人の多くは、
お金はいらない、貨幣に依存しないようにしないと、と結構ストイックな方向に進みがちです。

実際、私もかなりストイックになりがちなのですが、これって逆にもったいないなと最近思うようになりました。

続きを読む

パーマカルチャーからナリワイを考える。

パーマカルチャー。
それは、生態系を生かしつつ人と自然共に生きる方法論です。

私の目指すところは、持続可能な暮らし、パーマカルチャーを実践しつつ生活しながら、
その実践そのものを公開していくことでナリワイとして生きていきたい、そう思っています。

今回はそんなパーマカルチャーの実践を通して、いかにそれをナリワイにするか(横文字で言うマネタイズ)
を考えたいと思います。

続きを読む

心機一転。パーカル、ポータルブログを目指します。

ドメインを新規取得しました。

これで心機一転、新たなスタートを切りたいと思います。

テーマはドメイン名にもあるようにサスティナプロジェクト=「サスティナブルな世界の実現」、人と自然共に生きる道を見いだし、持続可能な暮らしを実現する、です。

パーマカルチャー的な思考をメインにしながら、現代技術もうまく取り入れながら、
持続可能な世界を模索、発信していきます。

都市部でのパーマカルチャーの可能性も追求していきます。
いわゆる、啓発イベント的なアーバンパーマカルチャーとは一線を画す、
リアルアーバンパーマカルチャーの実践をしていきます。

まずはベランダから。

そしてナリワイ的ブログとして自分ポータルブログ化を目指します。
通販や、ギャラリー的な機能、ポートフォリオ的なものも追加していきます。
広告収入以外のマネタイズにも注力します。

以上、決意表明的なものでした。
よろしくお願い致します。

カンブリア宮殿のヒラマツグループの平松社長の言葉が印象的だった件

まいど、@takasugiuraです。

録画しておいた「カンブリア宮殿」をやっと見ることができました。
今回はフレンチの大御所ヒラマツグループの平松社長でした。

この番組を見るまで平松社長の事は知らなかったんですけど、
いや、すごい方ですね。なんか感動すらしました。

そんな感動的だった平松社長のお言葉ちょっとシェアしたいと思います。
続きを読む

僕はブログと持続可能な生活の実験で生きることにした

まいど、@takasugiuraです。

今まで、webサービスやらなんやらで食っていこうと悪あがきしてましたが、
どうにもこうにもうまくいきませんでした。

その原因はおそらくそこに惹き付ける何かが足りなかったのと、認知されていないからなのかなと思われます。
また、本来やりたい事と少しずれていたため、気持ちがそこまで乗っていなかったのかと…。(自己分析)
続きを読む

「お金」について思う2つのウソ

まいど、@takasugiuraです。

最近お金について考えることがなぜか多いです。

地域通貨や、ゼロ円政府、脱資本主義、社会主義への流れ等お金にまつわる新たな動きも周りで起きているのも一因かもしれません。

お金って便利な道具です。
今やほぼ全てのモノにプライスタグが付けられています。
人の命にまで価格がついています。
続きを読む

【今日の思考】映画「マトリックス」は現実と同じ。

この社会システムの現実を知って、その上でこのシステムの中で変えていく活動をする。
システムの外側から問いかけても、その中の人間は理解できない。

この現実を絵にしたい。
目に見えるカタチで表現したい。

レイヤーの意味が少し分かってきたように思う。

マトリックスの世界がまさに現実。

それを知ってしまったら、もう後戻りはできない。
でも知ったとしてもそのシステムの中で生きたいと思うやつはいる。
そのほうが楽だから。

人には選択する自由がある。

仕組みというのは大事やし、メリットもある。
今の暮らしができているのはその仕組みのおかげだし。

でも、その仕組みのほころびがだんだん大きくなってきていて、
現状の仕組みの中では色々なものが機能しなくなってきているということ。

それに気づき始めている人もいる。

でも現状を維持したい人、このシステムが永続すると信じている人。
そんな人が変革を足止めしている。

だいたい多くの人はこの巨大な社会システムに何の違和感も感じることなく、
日々を過ごしている。

それはある意味で幸せなのかもしれないけど、気がついたときには
何もできない人間になってしまっている。

資本主義社会。貨幣経済。大量生産、大量消費。過剰生産、過剰供給。
グローバル化。拝金。複雑な金融商品。

世界の自由が加速したのは間違いない事実。世界は豊になった。地球の資源と引き換えに。

これ以上この流れを加速させる訳にはいかない。
地球のエコシステムの限界を遥かに超えるエネルギーを大量に消費している。

マクロ的な問題をどうやってミクロレベルで考えられるか。
それが今、問われていると思う。

持続可能な生活環境を実験しているすごい人たちがいる件 spectator25号より

吉祥寺のとある本屋で出会った1冊の本。

始めはパラパラ手に取って数ページ見て「ふーん」って感じだったので買わずに帰ったけれど、数日経ってやっぱり気になったんで買いに行きました。

この本、やばいです。
続きを読む

「ビックロ」開店に思う違和感。大量消費はもうやめにしないか。

どうも、@takasugiuraです。


via sankeibiz
つい先日、新宿に新名所「ビックロ」がオープンしました。各メディアもこぞって取り上げて報道しています。

ビックカメラとユニクロを融合した「ビックロ」。コンセプトとしては面白いですが、なんか違和感を感じずにはいられません。

家電量販店とファストファッションはともに大量生産、大量消費の申し子のような存在です。

大量生産、大量消費はもういいでしょ。

その生産と消費の中でで膨大な無視が発生している。
続きを読む

ノマドワーク、外出中に使える!ファミレス、カフェのドリンクバー価格比較表

/* ヘッダー行 /
table.table-01 th {
padding: 5px;
border: 1px #888888 solid;
border-width: 0 1px 1px 1px;
/
ヘッダーの背景色 */
background: #bbbbbb;
font-weight: bold;
line-height: 120%;
text-align: center;
}

/* 通常行 /
table.table-01 td {
padding: 5px;
border: 1px #888888 solid;
border-width: 0 0 1px 1px;
background: #ffffff;
/
text-align: center; */
}

どうも、@takasugiuraです。

最近、外出先で作業することが多くなってきていて、カフェ、ファミレスのドリンクの価格が気になっていたのでまとめてみました。
続きを読む

「打席に立ち続ける」という決意表明。

打席に立ち続ける。

人生を前進させるにははそれしか方法はないと思う。

今の自分は打席に立つ回数が圧倒的に少ない。
とにかく立つ、打席に立つ当たらなくても立つ。

プロの野球選手でも打率は良くて3割程度。

10本打って3本当たれば良い方。
続きを読む

行商とアートに未来を感じた日。自分で仕事を創るのはカッコいい!行商マーケティングを考える。

どうも、@takasugiuraす。

以前、「ナリワイ」という本を読んでから、自分にできる「ナリワイ」って何だろうと考える日々が続いています。

Noodle peddler
By Paul Henman

そんな中、街中でパンの行商をされている方に出会い、話をすることができました。出会った瞬間、「おぉ、これがナリワイや!」となんか無性にワクワクしてました。その時の話を紹介したいと思います。
 
続きを読む

iphoneアプリ電子書籍チュートリアル他 今日のアクション

どうも、@takasugiuraです。

本日より、日々のログも兼ねて「今日のアクション」という記事を書いていこうと思います。
ここでは、日々感じたこと、学んだこと、行動したことを綴っていこうと思っています。

今日のアクション

iphoneアプリのチュートリアル2本
続きを読む

モノを売るために使える5つの人間心理、他[今日のクリップ+検索]

まいど、@takasugiuraです。

今日は美しい満月の夜でした。自然の美しさには人間には到底真似できない、神憑ったものを感じます。そんなことを思いながら今日のクリップです。
 

モノを売るために使える5つの人間心理

続きを読む

できるだけ「ローカル」の中で回すということ。

ダイエットが全然順調ではない@takasugiuraです。

20120710-065943.jpg

今まではグローバルな社会を、とかグローバル化が大事だと叫ばれていましたよね。
世界を相手にビジネスをするんだ、グローバル化には英語が必要なんだ、etc…。
続きを読む

プリンターの無い生活を実践。Canon iP3100を売却でよりシンプルに

先日、インテリアと化していたギターを売却したのを機に断捨離心に火がついて、家の中の使っていないモノたちの処分、売却をすすめています。

ギターを売却した時、今まで溜まっていた何かがぱっと解放された気持ちになったんです。
モノって所有しているだけで自分の心のメモリーを知らず知らずのうちに消費しているのかなと、そこで思ったんです。
続きを読む

電動スクーターとソーラーパネルのコンビネーションが最強

電動スクーターとソーラーパネル自家発電でノーガソリンでエコな暮らし!?


(via nikkei trendy)

電力会社が提供する電力とは分離した形の電力システム、オフグリッド。
自家発電して、それを貯めて、家庭内で利用するというものです。完全に独立した電源システムです。売電とかはできません。
続きを読む

日常の「モッタイナイ」にきっかけはある

一時期、世界で「モッタイナイ」運動が駆け巡りましたね。
日本人には当たり前の「もったいない」という感情、
世界的には新しい価値観だったのかなと思います。

そんな日本人の中にある当たり前の「もったいない」感情ですが、
日々、もったいないと感じながらも、結局捨ててしまったり、
使わなかったりしていませんか?
続きを読む

ベストミックスを提案して、実践するという事

最近のマスコミや、抗議活動を見て思うことがあります。
それは、何か全てが短絡的で視野が一点に集中しているという点です。

その方が話題になりやすいし、話ももっていきやすいのは
分からないでもないですが。

例えば、反原発問題。
原発は危ない→だから停止。
続きを読む

愛着あるものに囲まれる生活

最近は安くて良質なモノが増えてきて、
ローコストで質の高い生活ができるようになった日本。


多分、世界中どこを見渡しても
こんなに良いモノが安く買える国は
他にないんじゃないか、というくらいです。
続きを読む