カテゴリー別アーカイブ: パーマカルチャー

人類で一番大事なうんこの話

いきなりですが、あなたは毎日うんこしてますか?そして出たうんこを確認したことはありますか?

Untitled

え?毎日うんこが出ていない?出たうんこを確認したことがない?
それはヤバイですね。相当ヤバイ。

何がヤバイって?
それはこれから説明していきたいと思います。
みんなうんこのことをナイガシロにし過ぎているんじゃないかと心配になります。ホント。
続きを読む

市民農園を借りられたので固定種をメインに自然栽培的+パーマカルチャー要素を入れて畑始めます。

近くの市民農園で追加募集があり、運良く当選したので畑ライフ始めることに。

image
広さは4m✕6mで24㎡。
利用は1年間とのことです。来年どうなるかは分かりませんが、とりあえず1年トライしてみたいと思います。

以前、自然栽培農家である渋谷農園さんに援農で何度か足を運んだこともあり、自然栽培的にやろうと考えております。

季節的に春夏野菜の栽培ではかなりスタートが遅めになっているので、間に合いそうに無いものは苗ものを購入してやる予定です。
続きを読む

これからの自給自足(パーマカルチャー)に必要なことがイイ感じにnaverまとめに!

まいど、takasです。

naverまとめにいい感じに自給自足についてまとまっているページがあったので紹介します。

Screen Shot 2014-07-28 at 23.58.59

自給自足生活で実現したいこと。農業からパーマカルチャーへ踏み出すためのデザイン、システム、発電設備。 – NAVER まとめ

パーマカルチャーの思想を取り込んで自然の仕組みを活かして持続可能な自給自足を、というとこですかね。

これからは依存から自立の時代だと感じています。
自給自足、パーマカルチャーはこれかのトレンド、というかスタンダードな生き方、暮らし方になると思っています。
自分の暮らしに必要なものは自分たちの手でつくる。

作れないものは、作れる人に作ってもらう。
自給自足+共給共足=みらいの暮らし。

naverまとめではほんとざっくりな感じでまとまってますが、それでもこういうまとめを作ろう!って思う人がいるというのが素直に嬉しいです。自身も精進していこうと思います。

ほなまた。
 
 


ベランダ菜園でパーマカルチャーとか、色々実用で参考になります。

パーマカルチャー菜園入門
家の光協会 2010-07-27
売り上げランキング: 24102

 

これは菜園だけでなく、暮らしのあらゆるパーマカルチャーの実例が参考になります。

腐らない自然栽培の野菜たち【渋谷農園】

まいど。@takasugiuraです。
 
一ヶ月ほど前に渋谷農園という所で援農ボランティアに行ったのですが、
その時に、出荷できない自家用の野菜を頂きました。
 
で、あまりにいっぱい頂いたので一ヶ月たった今もまだ残っているんです。
毎日味噌汁とかに使ってるんですけどねぇ、中々減らないんです。
 
そんな時、はっと気がついたのですが、この頂いた野菜、全然、腐ってないんです!

アーバンパーマカルチャー海外事例集的なもの

まいど。@takasugiuraです。

アーバンパーマカルチャーというのは都市部で実践する、自然とのつながりを意識した暮らしをデザインするという考え方です。

都市部であっても自然資源は思いの他あるものです。公園、太陽光、風、雨水、庭、ベランダ、etc…。小さくてもいいから自然との繋がりを感じ、恵みを得ようというものです。

日本国内ではまだあまりなじみがありませんが、海外では色々な事例があるので、気になったものをいくつか写真で紹介したいと思います。
続きを読む

ベランダでロケットストーブ+公園の木材で炊事をするという計画

まいど、@takasugiuraです。

寒さのせいでメダカや、植物たちもフリーズしている最近のベランダ。
そんなベランダでロケットストーブを使って自炊をしようと最近企んでいます。

IMG_0814

以前、実験的にミニサイズのロケットストーブは作成したのですが、小さすぎて火力が弱く、お湯を沸かすのにもかなりの時間を要してしまっていたので、ほとんど使わずじまいになっていました。

続きを読む

パーマカルチャーと自然農で新たなレイヤーを構築する

まいど@takasugiuraです。

IMG_0776

最近「レイヤー」というキーワードが流行っているように思います。
これは既存の枠組みに収まらないものが増えてきて、その溢れ出た部分が新たな枠組として生まれてきている現象なのかなと感じます。
続きを読む

燃料は公園に落ちている!松ぼっくりを拾いに行ってみた。

松ぼっくりは油分が多いので良く燃えます。
小枝より扱いが楽で火力のコントロールもしやすく燃えやすい理想の燃料なんですね。
そんな松ぼっくりをロケットストーブの燃料として使おうと思い、公園に繰り出してみました。

 

今回出撃したのは吉祥寺にある井の頭公園。
桜のお花見も兼ねて捜索してきました。

続きを読む

超小型ロケットストーブを妄想中。宇宙には行けませんw

ベランダでピザとか焼けたら幸せやなぁ〜と以前から妄想していた所、
ロケットストーブというキーワードを思い出しました。

以前から1斗缶でつくるロケットストーブは気になっていたのですが、
ベランダじゃ大きすぎて使えないなぁ、でも作ってみたいなぁと思っていました。

じゃあ小さいロケットストーブを作ればいいやん!と思い、コンパクトなロケットストーブの妄想が始まりました。

あっ、ちなみにロケットストーブというのは別に宇宙に行く時のアレではなく、上昇気流をうまく使った、燃焼効率の高いストーブのことです。火力が強いので料理はもちろん、暖を取るためにも使われます。また完全燃焼に近い形で燃えるので煤が出にくいというメリットもあります。

1斗缶で作成されたものはこんな感じです↓
IMG_0814
続きを読む

本物のタネがAmazonで買える!これかはタネはAmazonで買おう!

Amazonの農業ストアをつらつら見ていたら、種、苗コーナーに有機種子というものを発見しました。

【家庭菜園におすすめ】有機種子 チェリートマト

ナチュラルライフ ステーション 売り上げランキング: 2478

続きを読む

私が実現したいのは「自分が楽に生きていける場所を創る」ことみたい。

どうやら私は、「自分が楽に生きていける場所をつくりたい」と根底では思ってるみたいです。

 

パーマカルチャーの仕組みをうまく活用して、自然を活用して食べ物を採集的に自給する。

エネルギーや日常使う道具もできるだけ自分で作ってみる。

自然の恵みの中で生きるということ。

お金のために自分の命を切り売りしない。

お金なんて少しでいいんですよ。現システムと繋がるためのチケットと考えればいいんです。

労働てなんですか?

続きを読む

食べれるベランダプロジェクト(ベランダパーマカルチャー) 第一フェーズまとめ

ベランダ自給プロジェクト進行中です。

Photo 07-03-2013 10 58 19

Photo 07-03-2013 10 58 14

まだまだ始めたばかりですが、どんどんカタチにしていきたいと思います。
ベランダガーデニングとは違うんです。
あらゆるものを生態系を意識しつつ自給するためのプロジェクトです。

観賞するんじゃなく食べるためにできることを。

そんな自給実験の第一フェーズでやりたいリストがこれです。

①自作プランターでの野菜作成

②乳酸菌を活用した高温発酵コンポスト

③ソーラー発電からの電力の効率的利用

④雨水タンクの設置

⑤再生野菜成長実験

⑥ベランダ芝生化(種から)

⑦小型ピザ窯

⑧自給キッチン化(もやし、スプラウト育成)

⑨乳酸菌、酵母菌の培養

現状6割ほど運用開始中です。
今月中には一通りカタチにしていく予定です。
個別の詳細はまた別途記事にしようと思います。

ではまた。

街で育った恵みはみんなでシェアすればいい。

街を歩いていると植え込みにこんな表示がありました。

20130301-191351.jpg

 

「花を採らないでね
 花を育てる会」

公園等のパブリックな空間でよく目にします。
おそらく、税金を投入して植え込んでいる花や木々だからこうなるんでしょうかね。

続きを読む

株とかFXに投機するなら種を撒いたほうがリターンは大きいよ、という話

アベノミクスの影響もあって投資関連の動きが活発です。これから景気が良くなるから投資しましょうみたいな流れを感じます。

20130228-190219.jpg

個人的にはそんな投機を煽るような幻想ビジネスはあまり好きではありません。ただ、この資本主義の中で生きる術の一つではあるのかなとも思っています。投機ではなくて投資。それならまだ納得感があります。

続きを読む

野菜を食べたら種をまいた方がいい。絶対良い!

毎日何気なく食べている野菜。
その野菜には無数の種が付いています。

日々の料理では気にも留めない野菜の種。
そう、三角コーナーの生ゴミ入れにはいっぱいの命の種があるんです。

この本を読んで気づかされました。

今までそんな命の種をどれだけ捨ててきてしまっていたのか…。

続きを読む

私がぬか床を作った理由

日々の生活、健康に密接に関係している「菌」。

 

良質な「菌」を自分で作って日々の食卓で食べたい。そんな思いから始めようと思ったぬか漬けプロジェクト。

昔の日本家庭には当たり前の様にあったぬか床も、今や手間が掛かる、スーパーで簡単にぬか漬けが買える等の理由で作られなくなっています。冷蔵庫の普及で食品を保存するのが簡単になったのも、理由の一つかもしれません。

そんな、最近あまり見なくなったぬか床ですが、実は結構簡単に作ることができて、しかも有用な菌をしっかり摂取できる食品庫なんです。

続きを読む

パーマカルチャーでもNPOでも、もっと稼いでいけばいいと思う

持続可能な世界の実現とか、パーマカルチャーを信じる人の多くは、
お金はいらない、貨幣に依存しないようにしないと、と結構ストイックな方向に進みがちです。

実際、私もかなりストイックになりがちなのですが、これって逆にもったいないなと最近思うようになりました。

続きを読む

パーマカルチャーからナリワイを考える。

パーマカルチャー。
それは、生態系を生かしつつ人と自然共に生きる方法論です。

私の目指すところは、持続可能な暮らし、パーマカルチャーを実践しつつ生活しながら、
その実践そのものを公開していくことでナリワイとして生きていきたい、そう思っています。

今回はそんなパーマカルチャーの実践を通して、いかにそれをナリワイにするか(横文字で言うマネタイズ)
を考えたいと思います。

続きを読む