毎朝やることを確認しようっと☆習慣を変えれば1日が変わる。

まいど。@takasugiuraです。

最近、結構空白の時間があるなと思っていたら、昔やっていた習慣をしなくなっていたのが原因だったようです。

それは、「その日にやることを確認する」という単純なものです。
単純なんですけど、これをするかしないかで1日が大きく変わってきます。

sponsor link


やることがぼんやりと頭の中で浮かんでいる状態だと、なんとなくやることを認識して、なんとなく思いついたものからやるという流れになると思います。

そして、ダラダラ時間だけが経過してしまい、気がついたら時間の迷子になっています。

あれ?なにをしないといけないんだっけ?という感じで。

最近の自分がまさにそんな感じになってしまっていて、その現状を打破するためにやったのが「その日にやることの確認」と「脳内出力日記」なんです。

まず、脳内出力日記というのは、
目覚めて朝タスクが終わってからやるのですが、読んで字のごとく、脳内にある言葉、思い、思考してることを無地の用紙に書き出す日記です。断片化してるものもそのままキーワードだけ書きます。無地用紙は余計な縛りが無いので自由に出力するためには必須です。変にマスメとか、線が入っていると邪魔になります。やっぱり書き出すということの効果は大きくて、出し切った後はかなりスッキリします。

そしてその書き出したものの中から、その日にやることを抽出してリスト化します。
私の場合はwunderlistというtodo管理アプリにぶち込んでます。

アイデアとか脳内整理にはアナログツールがやっぱり重宝します。
その後の管理はデジタルが使いやすいですね。

最近は朝だけでなく、モヤモヤしたときはとにかく紙に書き出すことにしています。
ノートアプリやマインドマップアプリで整理しようとも試みましたが、どうもうまくいかなかったんですよね、自分の場合。

まぁ、やり方はなんでもいいのですが、そうやって抽出したリストを元に後は自分を自動運転すればいいということになります。こうすることで行動毎に思いとどまる必要が無いので何かと楽です。

これに加え、中、長期的な目指すところ、目標も毎朝確認するようにしていこうとしています。

人は習慣の生き物であり、忘れる生き物でもありますもんね。

日々、自分の立ち位置を確認することは、自分が思っていた以上に大事みたいです。

ほなまた。


ノマドワーカーという生き方
東洋経済新報社 2012-06-01
売り上げランキング: 86862

sponsor link