1本となりの道は未知だった。選択が未来を拡張する件

まいど。
最近「歩く」のがマイブームの@takasugiuraです。

IMG_1287

「歩く」と言ってもただだらだら歩くのではなく、一応目的地を決めてがっつり歩きます。いつもはバスで行くようなところを歩いてみるんです。

この前は往復20km歩いて隣街まで買い物に行ってきました。

なぜそんなに歩くのかって?

sponsor link


いや、特に深いアレはないんですけど、思考の整理とかマインドのリセットになるかな〜というのが理由かなと。

とか言いながら、ただ単純に歩きたいから歩く、というのが正しいかもです。アルピニストが「そこに山があるから登る」みたいなノリです。

ま、なんしか歩いてるとですね、色々と発見がある訳です。

しかも日頃使っている道から1本入ったところを歩いてみるんです。

そうすると近所のはずなのに、全く知らない景色が広がっていたりするんですよ。

おぉ!こんなとこに畑があったのかとか、
IMG_1284

見たこともない巨大な玄関の家とか、

IMG_1283

竪穴式住居の跡地とか、
IMG_1288

歩いていないと絶対通らないような道を行くもんやから、発見が無数にあるんです。

もうなんか近所なのに、探検気分でワクワクしてしまいました。

いつもと違う道、選択をしてみる。

これは道だけで無く日々の生活でも同じことが言えると思います。

いつもと違う選択をすると、自分の中の思いこみが少し崩れるんです。
自分の可能性の幅が少し広がる。

そんな自分の可能性を拡げる選択を日々していくことで、
自身の思いこみもどんどん解消されていって、自身を拡張することができるのかなと思うんです。

ほんと些細なことですが、コンビニでおにぎりを買う時も、食べたことの無いものを選んでみる。

それはマズいかもしれないけど、めっちゃ旨いかもしれない。
リスクもあるけど、大きなメリットがあるということです。

まず試さないとこには何も分からないんです。

だから、なんでも食わず嫌いにならず、どん欲に未知のものを選択していくというのが、自分の可能性を拡張するのかなと思うんです。

だから最近は
「迷ったら不安な方、未知な方を積極的に選ぶ」ようにしています。

どうせリスクなんて大したことありません。それより得られるものの方が大きいと思います。失敗してもそこから得られるものはありますし。

是非、日頃から「いつもと違うほう」を
迷ったら不安なほう」を選択してみてください。

ちょっとづつですが、見える景色が変わりますよ。

ほなまた。

sponsor link