ワイヤレスが超快適!logitec bluetooth イヤホン LBT-AVHP06SEを買ったのでレビュー

まいど、@takasugiuraです。

とあるカフェでワイヤレスのヘッドホンをオサレに装着しながら作業をしている人を見てから、ワイヤレスヘッドホンとか、イヤホンいいなぁと思っていたのですが、bluetooth接続だと音質とか悪いんじゃないの?とか昔の先入観で見ていました。

最近のbluetoothヘッドホンはどうなの?と思い、ちょっと量販店へ試聴しにいったところ、予想をはるかに上回る音質にびっくり!もはやワイヤードと変わらないんです。

そんな驚きの中、価格、デザイン、音質で一番しっくりきたのがこのlogitecのbluetoothイヤホン LBT-AVHP06SEです。

LBT-AVHP06SEパッケージ

今もこのイヤホンを使いながら書いてます。

sponsor link


オーバーヘッドタイプも考えたのですが、サイズの割に音質がそこまで良いと感じれるものが無かったので、コンパクトでも音質が良いイヤホンタイプにしました。持ち運びも楽ですしね。
 

LBT-AVHP06SEの中身

イヤホン本体とイヤーチップ3種類、ケース、充電用USBケーブル。
LBT-AVHP06SE中身
 
 

LBT-AVHP06SEの使用感等

で、実際に使ってみて感じのは、「ワイヤレスの解放感って最高!」というものでした。今まで当たり前の様にワイヤーで繋がっていたこのがこんなに潜在的なストレスになっていたのか!と。

一度この自由感を感じてしまうともはやワイヤードを使う気になれません。今では100%ワイヤレスです。

そしてカナル型なので、遮音性は抜群で外部のノイズはほぼ遮断されるので楽曲に集中することができます。ノイズキャンセルのような違和感はありませんし、遮音性にこだわるならカナルが間違いないです。個人的には。
 

音切れは??

気になっていた「音の途切れ」問題はほとんど気にならないレベルです。

普通にデスクで作業している等の動かない状態であればほとんど途切れることはありません。
逆に、歩きながらでの使用や、電車の中ではまれに途切れることがあります。

ペアリングした機器をケツぽけに入れたたり、バッグの中だとちょっと調子が悪いときがあるので、出来るだけ距離は近い方が(胸ぽけ等に)入れて運用するのがベターです。

カナル型イヤホンなので、歩きながらだとケーブルが擦れる音が少し気になるので、移動しながら使うという用途にはあまり向かない印象です。

私は主にデスク作業などで利用しているので快適です。
 

LBT-AVHP06SEのバッテリーの持ち等

iPhone5、ipad mini、macbook retinaにペアリングしてみましたが、問題なくスムーズに接続できました。イヤホン本体のバッテリー残量もメニューバーで確認出来るので助かります。

バッテリーに関しては公称6時間となっており、実稼働時間もほぼその程度です。
なので、通勤、通学プラスカフェでの作業等で利用しても1日十分持ちます。

最悪、バッテリーが無くなってもmicroUSBで充電が出来ますので、PCのUSBポートにつなぐか、モバイルバッテリーから充電も可能です。
 

LBT-AVHP06SEのケーブル

ケーブルの長さも丁度いいかんじです。マイク付きリモコンも搭載されているので、曲の再生、一時停止、スキップ、音量調整もプレーヤー本体を取り出さずに操作が可能です。

そしてマイクも付いているので通話することができます。音楽を聞いている最中の着信もリモコンのボタンで着信→通話が可能です。これは意外と便利。そして通話が終了すると、自動で音楽再生に移行します。ストレスフリーです。

ちょっと気になるのは、リモコンボタンを押した時に出る操作音ですね。音量がでかいのでたまにビクってします。それ以外特に気になる点はありませんね。
 

さいごに

ほんと良い製品に仕上がってます。音質、使い勝手、値段のバランスがbluetoothイヤホンの中では一番いいんじゃないかと感じます。いやぁ、良いモノと出会えました。

初めはboseのbluetoothヘッドホンを狙っていたのですが、それより音は艶があって厚みがあってより音楽が楽しめるなと感じました。高音質のaptX/AAC対応に対応しているのがポイントなのかもしれません。 気になる方は是非量販店で聴き比べてみてください!おすすめです。

Amazonが送料無料でいいですね。

 
 

ワイヤードならUltimate earsですね☆

Ultimate Ears トリプルファイ10 TF10
ロジクール 
売り上げランキング: 28197

 
 
ほなまた。

sponsor link