私がipad mini retinaを売却したたったひとつの理由

ipadはipad2の頃から使ってます。
ipad2→ipad3(retina)→ipad mini→ipad mini(retina)
て感じの遍歴です。
image
ipad、ipad mini共にretinaがリリースされたことによる買い替えでした。
でも、結局retinaモデルに替えることで気になる点があって買い換えることとなりました。

sponsor link

それは、「目の疲労感の違い」です。

retina画質になって目にやさしいと謳われていたので期待して購入するも、
日常的に使っていると、どうしても目の疲労感が半端ない感じになって、使わなくなるという
悪循環を繰り返していました。

iphone5やmacbook retinaでは感じることのない目のだるさ、疲労を感じるんです。
多分、今流行りのブルーライトとかの影響なのかもしれません。
でも、輝度を下げてもその疲労感は変わらず、文書作成やwebの閲覧がキツイ状況でした。
youtube等の動画であればまだマシなのですが、電子書籍やweb等の文字を読むのはほんと辛いです。
ひどい時は頭痛、翌日も目がシパシパすることがあります。

ブルーライトカット90%のフィルムを貼ったり、アクセシビリティのホワイトポイントを下げる設定もするも、状況は改善せず。

アンドロイドであれば液晶のカラープロファイル等を変更するアプリがありますが、iOSにはありません。

ipadとの相性が悪いんですよね、私の場合。ipadでもipad miniでも同じ状況なんで。
かといって今更非retinaに戻ることも無理なんです。retina病なんで。
iphoneとかmacが問題ないのはなぜなのか気になるところです。液晶のサプライヤーの違いなんでしょうかね。

デザインやアプリicloudの連携等、本当に最高なんですけどね〜。
液晶だけが残念で悔やまれます。apple信者としては。

ということで、にっちもさっちもいかないのでヤフオクでドナドナすることにしました。
また、次期モデルで改善されれば検討したいと思います。

とりあえず、カラープロファイルの変更ができるnexsus7あたりで代用しようかなと画策中ですw

そんな現象が起きている人もいるということで、
ご購入の際は現物確認されることをおすすめします☆

ほなまた。



sponsor link