スカイプ相談というビジネスモデルって結構アリかもな件

まいど。@takasugiuraです。

 

20130816-180307.jpg

最近法人でスカイプを利用した相談サービスというものがジワジワきてます。

 

スカイプを使ったビジネスモデルというのは英会話レッスンの「レアジョブ」とがが有名ですけど、いろいろな業種で利用されつつあるんですね。

sponsor link

 

英会話なら25分129円~のオンライン英会話 レアジョブ

 

 

そんなこんなで、最近気になってるんです。スカイプビジネス。

 

1年ほど以前にそういえば、個人でスカイプ相談を有料やっているelm200という方がいたのを思い出しました。調べてみると1時間3000円で相談を受け付けていたみたいです。

 

Skype 相談サービスはじめます – elm200 のノマドで行こう!

 

 

内容は仕事や進路等生活全般を受け付けていたみたいですね。月に50人ほど相談に乗っていたみたいで、単純計算で50人×3000円=15万円ほどの売り上げです。1日に1〜2人相談に乗ればいきそうな計算です。

 

月に15万円あれば、田舎暮らしなら普通に生活できるレベルですよね。

やり方次第でスカイプだけで飯が食えちゃうなんて、いい時代です。

 

スカイプ相談からのリアル対面相談なんてのもおもしろい。

 

スカイプではないですが、電話で相談、話を聞くサービスというのも人気になっていると、ニュースで見たことがあります。

 

話を聞いてほしい人って自分たちが思っている以上に多いのかもしれません。

 

ナリワイ的に個人でもスカイプ相談て結構簡単にできるモデルだと思うんです。

ネット回線とスカイプさえあればどこでも始められます。

自分の得意分野の相談に乗るだけでマネタイズできるっていうのは熱い!

 

ここから発展すれば、ワークショップやセミナーを開催することだってできそうな香りがします。

 

ちょっと自分もこのスカイプ相談のモデル、詰めてカタチにしていこうかなと思います。

 

ほなまた。

 

 


できるポケット Skype スマートに使いこなす基本&活用ワザ100
インプレスジャパン 2012-07-26
売り上げランキング: 90186
<hr>

 

sponsor link