タグ別アーカイブ: パーマカルチャー

人類で一番大事なうんこの話

いきなりですが、あなたは毎日うんこしてますか?そして出たうんこを確認したことはありますか?

Untitled

え?毎日うんこが出ていない?出たうんこを確認したことがない?
それはヤバイですね。相当ヤバイ。

何がヤバイって?
それはこれから説明していきたいと思います。
みんなうんこのことをナイガシロにし過ぎているんじゃないかと心配になります。ホント。
続きを読む

市民農園を借りられたので固定種をメインに自然栽培的+パーマカルチャー要素を入れて畑始めます。

近くの市民農園で追加募集があり、運良く当選したので畑ライフ始めることに。

image
広さは4m✕6mで24㎡。
利用は1年間とのことです。来年どうなるかは分かりませんが、とりあえず1年トライしてみたいと思います。

以前、自然栽培農家である渋谷農園さんに援農で何度か足を運んだこともあり、自然栽培的にやろうと考えております。

季節的に春夏野菜の栽培ではかなりスタートが遅めになっているので、間に合いそうに無いものは苗ものを購入してやる予定です。
続きを読む

これからの自給自足(パーマカルチャー)に必要なことがイイ感じにnaverまとめに!

まいど、takasです。

naverまとめにいい感じに自給自足についてまとまっているページがあったので紹介します。

Screen Shot 2014-07-28 at 23.58.59

自給自足生活で実現したいこと。農業からパーマカルチャーへ踏み出すためのデザイン、システム、発電設備。 – NAVER まとめ

パーマカルチャーの思想を取り込んで自然の仕組みを活かして持続可能な自給自足を、というとこですかね。

これからは依存から自立の時代だと感じています。
自給自足、パーマカルチャーはこれかのトレンド、というかスタンダードな生き方、暮らし方になると思っています。
自分の暮らしに必要なものは自分たちの手でつくる。

作れないものは、作れる人に作ってもらう。
自給自足+共給共足=みらいの暮らし。

naverまとめではほんとざっくりな感じでまとまってますが、それでもこういうまとめを作ろう!って思う人がいるというのが素直に嬉しいです。自身も精進していこうと思います。

ほなまた。
 
 


ベランダ菜園でパーマカルチャーとか、色々実用で参考になります。

パーマカルチャー菜園入門
家の光協会 2010-07-27
売り上げランキング: 24102

 

これは菜園だけでなく、暮らしのあらゆるパーマカルチャーの実例が参考になります。

アーバンパーマカルチャー海外事例集的なもの

まいど。@takasugiuraです。

アーバンパーマカルチャーというのは都市部で実践する、自然とのつながりを意識した暮らしをデザインするという考え方です。

都市部であっても自然資源は思いの他あるものです。公園、太陽光、風、雨水、庭、ベランダ、etc…。小さくてもいいから自然との繋がりを感じ、恵みを得ようというものです。

日本国内ではまだあまりなじみがありませんが、海外では色々な事例があるので、気になったものをいくつか写真で紹介したいと思います。
続きを読む

パーマカルチャーと自然農で新たなレイヤーを構築する

まいど@takasugiuraです。

IMG_0776

最近「レイヤー」というキーワードが流行っているように思います。
これは既存の枠組みに収まらないものが増えてきて、その溢れ出た部分が新たな枠組として生まれてきている現象なのかなと感じます。
続きを読む

食べれるベランダプロジェクト(ベランダパーマカルチャー) 第一フェーズまとめ

ベランダ自給プロジェクト進行中です。

Photo 07-03-2013 10 58 19

Photo 07-03-2013 10 58 14

まだまだ始めたばかりですが、どんどんカタチにしていきたいと思います。
ベランダガーデニングとは違うんです。
あらゆるものを生態系を意識しつつ自給するためのプロジェクトです。

観賞するんじゃなく食べるためにできることを。

そんな自給実験の第一フェーズでやりたいリストがこれです。

①自作プランターでの野菜作成

②乳酸菌を活用した高温発酵コンポスト

③ソーラー発電からの電力の効率的利用

④雨水タンクの設置

⑤再生野菜成長実験

⑥ベランダ芝生化(種から)

⑦小型ピザ窯

⑧自給キッチン化(もやし、スプラウト育成)

⑨乳酸菌、酵母菌の培養

現状6割ほど運用開始中です。
今月中には一通りカタチにしていく予定です。
個別の詳細はまた別途記事にしようと思います。

ではまた。

パーマカルチャーでもNPOでも、もっと稼いでいけばいいと思う

持続可能な世界の実現とか、パーマカルチャーを信じる人の多くは、
お金はいらない、貨幣に依存しないようにしないと、と結構ストイックな方向に進みがちです。

実際、私もかなりストイックになりがちなのですが、これって逆にもったいないなと最近思うようになりました。

続きを読む

パーマカルチャーからナリワイを考える。

パーマカルチャー。
それは、生態系を生かしつつ人と自然共に生きる方法論です。

私の目指すところは、持続可能な暮らし、パーマカルチャーを実践しつつ生活しながら、
その実践そのものを公開していくことでナリワイとして生きていきたい、そう思っています。

今回はそんなパーマカルチャーの実践を通して、いかにそれをナリワイにするか(横文字で言うマネタイズ)
を考えたいと思います。

続きを読む

縄文人になろう!クッキーもワインも既にあった!私たちの未来はここにある。

ピークオイルや気候変動が、さらに人類の暮らしを脅かすもになるのは時間の問題です。

そんな中、パーマカルチャーやトラディションタウン、半農半X等、
持続可能な暮らしを模索する動きが活発化しています。

その流れで自身もこれからの暮らし方、生き方を模索している中、
「歴史に学ぶ」というキーワードに出会いました。

そっか、過去の歴史に学べばいいんだと、素直に図書館の歴史コーナーへ行ってみた。

日本のルーツを探ろうと、日本史の原始コーナーへ。
そこで出会ったのが「縄文人になる!」という1冊。

続きを読む

僕はブログと持続可能な生活の実験で生きることにした

まいど、@takasugiuraです。

今まで、webサービスやらなんやらで食っていこうと悪あがきしてましたが、
どうにもこうにもうまくいきませんでした。

その原因はおそらくそこに惹き付ける何かが足りなかったのと、認知されていないからなのかなと思われます。
また、本来やりたい事と少しずれていたため、気持ちがそこまで乗っていなかったのかと…。(自己分析)
続きを読む

パーマカルチャー(持続可能な暮らし)の聖地、「鴨川地球生活楽校」に行ってきた。

どうも、@takasugiuraです。

10月15日にふと自然を求めて房総の最南端を目指してドライブしてきました。
その途中で以前から気になっていた千葉県、鴨川の釜沼という所にある、「鴨川地球生活楽校」に飛び込みで行ってみました。

新・里山の教科書の鴨川地球生活楽校 Kamogawa Earth School

アポなしだったので、本当に現地だけ見れればいいやと思って行ったのですが、運良く主催されている方がおられたのでお話を聞くことができました。せっかくなので簡単に現地レポートしたいと思います。
続きを読む