やりたいことが見つかっても続かない理由

人間というのはどんなにやりたい事が見つかっても、打ち込める事に出会ったとしても、すぐに疲れてしまう。

基本的に続けることができない生き物なんだと、日々の生活で最近感じてる@takasugiuraです。

だから、ミッションが大事だとか、ビジョンを明確にして行動しろとか言うんやけど、そういった要素も必要ですが、本当に大事なのは目の前のやるべきことをしっかりこなしていくということ。

sponsor link


日々のやることを習慣化して、行動ベースに落とし込んでいくこと。

これが全てなのかなと最近思います。

jmatsuzaki氏も言っています。

価値観と深いつながりを持った「やりたいこと」に手を付けるのは、なんとも億劫に感じるもの

期限に追われたり無意味なことに時間を費やしたりする方がずっと楽ですし、快感なのです。

実家に帰ったらうっかり「TaskChute」が使えなくて、なぜ手放せないか?を再確認しました | jMatsuzaki
価値観と深いつながりを持った「やりたいこと」に手を付けるのは、なんとも億劫に感じるもの …

とにかくどんなにやりたいことがあったとしても、人はそれをやることを億劫に感じるということです。

要するに「なまけもの」な存在ということです。

だから、習慣化させる仕組みが無い中で生きるということは、カーナビの無い車で知らない目的地に行くようなものだと思うんです。

どんなに素晴らしい目的地(夢、ビジョン)であってもそこへ行く為のルートがまるで分からなければ絶対そこには到達できないということ。

暇だしどっかドライブ行こうよ!って言ってムダにガソリン垂れ流してウロウロしているほどムダなものはありません。
まぁそれはそれで楽しいですが…。ただ楽しいだけで終わってしまいます。

達成したいこと、目標があるのならカーナビを装備してかつ、そこに目的地を設定することが必要です。
やりたいこと、達成したいことをタスクベース落とし込み、日々進捗を確認するということが目標達成には不可欠だということです。

そう、人は本来的に「なまけもの」だから。
楽したいんですよ。どんなときも。

楽する為にお金も払います。

やりたいことが見つかればあとは自動運転で全てうまくいくなんてことはあり得ない、ということです。

目的地を設定して、そこからのタスクへの落とし込みが大事ということですね。
私も習慣化しきれていない部分が多々ありますが、精度を上げて取り組んでいきたいと思います。

ほなまた!
 


7つの習慣―成功には原則があった!
キングベアー出版 1996-12
売り上げランキング: 109
<hr>

sponsor link