諸行無常の中で自分らしく生きるということ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

人の思考、感情はリアルタイムで変化しています。
そして、まわりの環境、状況も一刻一刻と変化しています。
つまり、諸行無常の中にいるということです。

そして、常に人は流されやすい生き物ということ。

まるで、海流に流されるボートの様に。


流されるままに、うまく生きて行く人もいますが、
多くは単に流されるだけ、という感じではないでしょうか。

単に流されるのは楽です。
基本、何もしなくてもいいんですから。
でも、流されている限り、何も変えることができません。
オールのないボートと同じです。

そして、なりたい自分、目的地にも到着することはできません。
なぜなら、それは自分で自分の人生をコントロールできないから。

流されやすいこの世の中で、なりたい自分、目標を達成するには、
流れをコントロールするオールが必要だと思うんです。

この時代、流れに逆らうというのは多大なエネルギーが必要です。
あまり効率的とは言えません。

大事なのは
「流されながらも、自分でコントロールする力」
だと思うんです。

その方が、大きなエネルギーも必要とせず、
目的地にたどり着けることができるのかなと思うんです。

そのコントロールするオールは、
自身の「意志」であったり「問題意識」
であったりする訳です。

情報過多の流されやすい今だからこそ、
自分のオールを強化していかないといけません。

強化するには
よく言われる「ドリームリスト」が効果的です。

これは、やりたい事を書き出したリストで、
やりたい順に並べるというものです。

やりたいことが増えれば、
そこに追加して、また並べ変える。

その繰り返しを行うことで、
自分の目的地が明確になり、
常にそれに向かって進んでいけるということです。

数10から100個くらい書き出すのが目安です。

常に、目的地を意識して日々過ごしましょうということです。

ではまた。

sponsor link

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© SUSTAINA PROJECT , 2012 All Rights Reserved.