[農ログ]新生姜の救出&アンデスレッドの試し掘り他

2019/11/30

まいど、スギウラです。

前からやり残していた新生姜の収穫。
もう気温もマイナスになり始めて、もう限界ということで本日収穫。

量的に大したことないので30分ほどで完了。
これは出荷せずに来年の種生姜として温存します。

sponsor link

種生姜、高いんですよね。買うと。
来年は今年の倍くらいは植え付けれるかなと。

ゆくゆくはイベントとかでジンジャエールとか出したい(野望)
加工品も面白そう。ジンジャーチップスとかパウダーとか。

まぁ保存問題という大きな壁がありますけどね。

大豆は収穫後が大変

その後は丹波黒大豆の収穫をさくっとしてアンデスレッド(秋じゃが)の試し掘り。

大豆は脱粒が課題で、特に道具も機械もないので手でひたすら取ってましたがあまりにも進まないのでちょっとやり方を考えてます。

棒みたいなものでバンバン叩いて、トウミで選別。
基本はそうですが、もう少し少ない道具でなんとかならないかやってみます。

アンデスレッドは良い仕上がり

初めてアンデスレッド植え付けましたがまあまあ良い感じです。

無肥料1年目なので大きくなるか心配でしたが、なんとか食べれるサイズになってくれてました。

いや、豆類と芋類はほんと荒れ地でもそれなりに良い結果出してくれます。

だいぶ助かってます。

レタス類も荒れ地に強いと言いますが、確かに虫には食われないですけど成長速度がすんごい遅いですね。ほんと。

アブラナ科はほぼ全域でアウト。(ネットなし)
秋以降は大根、カブ等それなりに出来ましたが葉物は中々売り物になるレベルには届きません。

あ、ターサイは健闘してます。これはスタメン入りかもです。

そろそろ来年の作付けも本格的に考えないとですね。
少量多品目という方向性は少し見直しが必要かな。

果樹、しいたけ、ニワトリ辺りが主軸になるかも。

今日はそんな一日でした。
ほなまた。

sponsor link

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© SUSTAINA PROJECT , 2019 All Rights Reserved.