[農ログ]大豆の収穫と手作業による脱粒(脱穀)方法。夜は有機農家直売所会議

2019/12/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今週末の祭りに向けた収穫が続いています。
少しですが大豆の収穫。

からの午後は脱鞘祭り。
私は大豆、嫁は小豆で分担作業。
機械がないのでもちろん人力です。

大豆の手作業での脱粒

まずブルーシート等をひいて、その上に鞘付きの木をある程度並べます。

で、足で踏み踏みしてある程度脱粒させます。

そして、枝に残っている豆を落とすために壁、板等に打ち付けながら脱粒していきます。

自分の場合は軽トラの上でやっていたのでアオリ部分にバシバシ叩いて落としました。

一通りバシバシしたら、コンテナをフィルター替わりにしてシートの中の豆たちをそこに流し込み、大きなゴミを取り除きます。

コンテナの目の大きさが大事です。
で、フィルタリングした豆はテミ等を使ってゴミと豆を振るいわけしていきます。

その後、育苗トレー等に入れて手選別して完了です。

大豆脱粒を手作業でやってみた感想


いや、とにかく大変でした。
作業の割に取れる豆はわずか。作業は驚くほど進みません。

しかも最後の手選別も根気が必要です。
ゴミにかなり阻まれますし。

ゾーンに入ればしばらくは集中出来ますが、やっぱり大変。

色々な機械があるのも理解できます。
そういった意味でも一度手作業でやってみるというのは非常に大事な工程だなと再確認した次第です。

実際にやってみないことには時間、労力がどの程度かかるか体感レベルでは分からないですからね。

機械のありがたみもよく分かるようになりますし。

19時から直売所のミーティング

荒選別まで終わらせて、夜は有機農家の直売所のミーティングでした。

祭りの段取りやら、その他もろもろ。

月に一回なので貴重な会議です。
で、会議後の雑談。

今年は新規就農の青年給付金の予算が大幅に削減され、日本中の新規就農者がワタワタしていますが、自分もその一人でその周辺の話を小一時間ほど。

いや、他の農家の方も色々思うところはあるみたいですね。自分だけではない様でw

依存せずにいかにベーシックインカムを作るのか、みたいな話で盛り上がりましたね。

田舎でも色々やり方はあるみたいです。
先輩方のアドバイス助かります。

そういう話ができる仲間って大事ですね、ほんと。

さあ、明日は小豆の脱粒がメインになりそう。
ほな今日はこの辺で。

sponsor link

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© SUSTAINA PROJECT , 2019 All Rights Reserved.