about me

 
  2019/12/03

人と自然、双方共に生きる道は無いのか?

「もののけ姫」のアシタカが言った一言。
これは現代に生きる私たちへの強いメッセージです。

私たちの「生活」が地球環境、社会環境に大きなインパクトを与えいる今、
今ある、当たり前の「生活」を見直していかなくてはいけない時期に、
来ているということ。

少なくとも2045年の「レジームシフト」までには。
参考:レジームシフト - Wikipedia

僕たちの残された時間はもう実は残り少ないんです。

身の丈に合った「生産」「消費」、そして「」の「多様性」が「持続可能性」につながるということ。

そんな「生活」「暮らし」を少しでも良くしたい、サスティナブルな方向に変えていきたい、
そして「持続可能なワクワクする未来」を目指し、
立ち上げたのがこのブログ「sustaina project」です。

現在のシステムの中でいかにして自給的かつ共給的な暮らしが可能かという実験です。

世界に変化を望むなら、自らが変化となれ」というガンジーの教えの元、
自分が人柱的に実験的な生き方をプロジェクトとして実践していきます。

過剰な生産と消費社会への疑問、挑戦です。
既存の価値観への問題提起でもあります。

この場がブログを訪問される方にとって、何かしらの感性を刺激するきっかけになることを目指し、
情報を発信していきます。

profile

1980年大阪生まれ。立命館大学環境デザインins.卒。

大阪のコンクリートジャングルで生まれ育ち、大学卒業後、
店舗数No1の某スーパー銭湯に就職、年商5億の店舗の
店長を数年やるも、30歳を手前に色々と気づきがあり退職。

その後、休暇とライフプランの練り直しを兼ねて、
約1年間の海外生活をする。
(東南アジア3ヶ月→オーストラリア10ヶ月)

帰国後、プランを元に行動を開始、
web系フリーランスを経て、現在埼玉県ときがわ町で農業家として活動中。
2児のパパでもあります。

やりたいこと、やり抜いていきたいと思います。
人生は実験です。

twitter:@takasugiura
facebook:takashi sugiura
農園HP:https://morinomori.com

sponsor link

Copyright© SUSTAINA PROJECT , 2019 All Rights Reserved.