iPhone5のdockを210円で自作してみた。いい感じなので作成方法を紹介。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

まいど、@takasugiuraです。

iPhone5からケーブルがlightning cableになって周辺機器の選択肢が大きく減ってしまいました。
しかも、サードパーティ製の製品はすぐに出る気配もありません。

じゃあ自分で作ってみるか、ということでdockスタンドを作ってみました。

材料は100均で購入しました。
意外といい感じに仕上がったので、簡単にその作り方を紹介したいと思います。

用意するもの

まず、用意するものは以下の通りです。
•30mm×30mm×30mmの立方体の木材
•コード留め
•木工用ボンド
•彫刻刀orカッター

こんな感じの木材。

 
コード留め

では作っていきたいと思います。
 

dockの組み立て

まず、立方体の木材を4つ繋げます。

 
そして、コード留めを打ち込みます。
ある程度打ち込んだらlightning cableをはめ込みます。

次に、こんな感じに一辺を削った木を4つ作ります。

 
ケーブルをはめ込んで、先ほどの削った木材を2つを組み合わせるとこんな感じになります。
っぽくなってきました☆

ここでもポイントは、ケーブルの露出量と角度です。出しすぎるとiphoneが浮いてしまいますし、浅すぎると刺さりません。また、角度は下にコード留めをかますことで調整しています。これはお好みで。
 
あっ、そうそう、裏面もケーブルを通すために凹みを作ります。
(私は削り過ぎたので爪楊枝で埋めています (; ^ω^))

拡大。

先ほど削った木材の残り2つを上に載せていきます。

こんな感じで。

で、完成でーす☆ばーん!

あと、このままだと、削った部分があっぱっぱーなので、削りカスでカバーしました。
こんな感じ。

 

さいごに

いかがでしょうか?
意外と簡単にできると思いませんか?
あとは、コレをベースに塗るなり、削るなり色々できそうです☆

いざという時の為にケーブルは接着剤等で固定はしていません。
とりあえずdockとしては十分使えますよ☆材料費もほとんど掛からないのでオススメです。

ではまた!

sponsor link

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© SUSTAINA PROJECT , 2012 All Rights Reserved.