no impact man(地球にやさしい生活)を観て思ったこと、感じたこと。

2016/05/19

no impact man ,邦題「地球にやさしい生活」、
以前から興味があり、amazonでたまたま見かけたのでポチっと購入。

英語版しか無かったので、英語版を購入。
でも、英語字幕があったので以外と理解できました。
リージョンフリーなので普通に観れました。

で、内容はと言うと、
エンターテイメント風ドキュメンタリーです。

決められたルールの中で、NO IMPACTな生活を実践するというものです。
具体的なルールは
ゴミを出さない、ローカルフードしか食べない、電気を使わない、交通手段も自転車オンリー
といったところでしょうか。

これを、ニューヨークのアパートの1室で実践するというのだから
すごいです。

同じアパートの1市民として大きな可能性を感じました。
以外とやればなんでもできるんだということ。

ただ、この映画はかなり極端なことをやっているので
まるまる、私たちの生活にすべて生かせるかというと
難し点も多々あります。

でも、1つづつでもいいから実践できるものもあります。
一人一人が少しづつ変わることができれば、
それは大きな力になるのかなと思います。

日々の「暮らし」にフォーカスしているので
共感が得やすいのも特徴です。

これからの「暮らし」を変えていかないと
人類の未来に先はないですからね。

持続可能な人類の未来を作るのは
今、これからだと思います。

さて、何から始めようかな。

追記
日本語版が2/25に発売されてました…。


地球にやさしい生活 [DVD]
紀伊國屋書店 
売り上げランキング: 25006
<hr>

sponsor link

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© SUSTAINA PROJECT , 2019 All Rights Reserved.