Uroad-8000のバッテリーの持ちをチェックしてみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -

まいど。

前から気になっていたuroad-8000のバッテリー耐久テストを行ってみました。
実験環境は、外出時に一緒に持ち出し、外出先でipod touchから適宜ネットにアクセスする、といった感じです。

電源のスイッチは常時オンでの実験です。

アップデートで追加された「ウェイティングモード」が
どこまで機能してくれるか楽しみです。

一応、バッテリー使用時間のカタログ値は9時間です。

今回は都内への外出なので、電波状況は比較的良好でした。
ただ、今回地下鉄での移動が多かった為、その間、圏外状態が続いていたのが残念でした。
今後、地下も電波を強化するとの事なのでそれに期待したいところです。

ちょこちょこつぶやいたり、地図で場所を確認したり、ググったりと、
iphoneライクに使っていましたが、バッテリーのランプはグリーンのまま。
これはかなりいい感じと、その後もバッテリーの事を忘れ、
普通に使っていました。

ちなみに、バッテリーの残量はランプの色で分かれています。
グリーン=100~40%
オレンジ=40~10%
レッド=10~2%
レッド点滅=2~0%


こんな所に行ってみたり、
テレビ局に行ってみたり、
してみました。地下以外はどこでも繋がります。
建物内もまぁ使えました。

実験開始から8時間くらいの所でバッテリーランプをチェックしたところ、
まだグリーンでした。これはかなり持つのではという期待と共に、帰路につきました。

帰宅後もまだグリーンのまま!
なので、充電ケーブルに接続せず、そのまま放置状態で
ネットサーフィンをしてました。

そこから小1時間ほど経った頃、
ふっとwi-fiの電波が無くなり、バッテリーが尽きました。
時計のストップウォッチを確認したところ、


なんと、10時間49分31秒!(時計内の右上が時間)
カタログ値が9時間なので、1時間49分上乗せは上出来だと思います。
ウェイティングモードは多少機能しているみたいですね。

今回の実験はipod touchがメインだったのでこの結果となりましたが、PCメインでがっつり利用する場合は、もっと短くなるかもしれません。

まぁ、これだけバッテリーが持てば、半日は確実に保つので安心です。
モバブーとセットなら1日中電源オンでも問題ないですね。ipodも充電できるし。
モバブー欲しい〜!

Panasonic USB対応モバイル電源パック リチウムイオン5400 ブラック QE-PL201-K
パナソニック (2011-06-24)
売り上げランキング: 154

ほなまた。

sponsor link

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© SUSTAINA PROJECT , 2012 All Rights Reserved.